若手社員インタビュー

プラント第二部 林田岳士

プラント第二部林田岳士

2019年度入社

簡単な自己紹介をお願いします

2019年入社、プラント第二部の林田 岳士(はやしだ たかし)です。趣味はサウナで、出張先ではサウナのある銭湯巡りをし、心身ともに整えています。

大学時代にやっていた研究内容について

機械工学を専攻し、空気圧用比例制御弁の小型化に関する研究をしていました。空気圧は電磁、油圧に比べ安全、安価で扱いやすいですが精密制御を行う場合、機器が大型化してしまう不利な点がある為です。具体的には、空気圧機器を自在に動かすために必要な小型制御弁の開発、及びそれら試作機を用いた空気圧シリンダ制御システムの構築に取り組んでいました。

職場の雰囲気は?

気さくな方が多く、コミュニケーションの活発な職場だと思います。また相談をすれば、親身になって話を聞いて頂けます。近頃は社会情勢の変化で、直接的な会話だけではなく、チャットなどのツールを通したコミュニケーションにより、依然と変わらず相談しやすい雰囲気だと感じています。

仕事のやりがいや魅力、醍醐味を教えてください。

設計から施工まで一貫して業務に携わることができるため、自分で計画したものが、実際に【もの】として現れる過程を見ることができるところです。また、限られた時間と予算の中で、周囲の方々にサポートして頂きながらお客様の要望に応えるところも醍醐味だと感じています。

入社当初に苦労したことと、その時と比べて成長したと思うことはどのようなことですか?

他者に物事を伝える部分で非常に苦労しました。当初は相手にとって必要な情報の整理ができておらず、独りよがりな報告で最終的に何を伝えたいのかと問われることが多々ありました。現在では相手の立場を考慮した上で、この報告で何を伝える必要があるかを考える習慣がつき、次のアクションにスムーズに移行できるようなってきていると思います。

前のページ一覧へ