若手社員インタビュー

プラント第二部 増田祐太郎

プラント第二部増田祐太郎

2018年度入社

簡単な自己紹介をお願いします

2018年入社、プラント第二部の増田祐太郎(ますだゆうたろう)です。趣味はサッカー、フットサルです。食べることも好きで出張先でのグルメ旅はかかせません。

大学時代にやっていた研究内容について

化学工学を専攻し、生活に身近な食品や日用品の容器包装の設計に関する研究をしていました。容器包装には、中身を保護する機能や消費者の使い勝手をよくする機能など、様々な機能があります。それらの機能を抽出・整理し関係性を可視化させることで、容器包装の設計者に向けた設計手法の構築を目指していました。

職場の雰囲気は?

気さくな方が多く、アットホームな雰囲気だと感じます。困っていることや分からないことがあれば親身になって相談に乗ってくれる先輩方ばかりです。技術面だけでなく人間性の成長につながるアドバイスもいただくことができ非常に勉強になります。これも人と人の繋がりを大切にする社内風土から来ているものだと感じます。

仕事のやりがいや魅力、醍醐味を教えてください。

自分が設計したものが形となって現れることにやりがいを感じます。私が入社後初めて設計した機器が実際に稼働した時は非常に感慨深い気持ちになったことを覚えています。また、プロジェクトの始まりから最後まで主要メンバーとして業務に携わることができるため、幅広い視野を持ったエンジニアへと成長できる環境が整っている点も魅力を感じます。

入社当初に苦労したことと、その時と比べて成長したと思うことはどのようなことですか?

入社当初から、新築化粧品工場の建設プロジェクトに設計から参画しました。初めはプラント用語もわからず、さらには設計と実物のイメージが全く結びつかず苦労しました。特に協力会社との打ち合わせでは意思疎通が図れず、歯がゆい気持ちになったことが多々ありました。わからないことがあればその場で調べ、自分が理解できるまでひたすら考え抜くことが大切であると学びました。現在もまだまだ先輩方には及びませんが、今まで培ってきた経験や知見をベースに、自らの考えをもって設計業務や客先への提案に取り組めていることが成長した点であると思います。

前のページ一覧へ