若手社員インタビュー

プラント第二部 福井将

プラント第二部福井将

2017年度入社

簡単な自己紹介をお願いします

2017年入社、プラント第二部の福井将(ふくいしょう)です。趣味はサッカーで、週末は社会人チームで活動しています。他にも、山に登ってきれいな景色を見たり、旅行先で街を散策することが好きです。

大学時代にやっていた研究内容について

資源工学を専攻し、粉体シミュレーションを用いた粉砕機の性能向上に関する研究をしていました。具体的には、いろいろな粉砕機に対して異なる条件下(撹拌翼形状、粉砕媒体、回転数など)でのシミュレーションを行い、実験では見ることのできない粉砕機内部の動きを可視化、数値化することで、粉砕性能の評価や粉砕メカニズムの解明に取り組んでいました。

当社を選んだ理由は?

設計、調達、施工管理、試運転までプロジェクト全体に関われることに魅力を感じたからです。入社してから1つのプロジェクトで一通りのエンジニアリング業務を経験し、自分が設計したものを完成まで見届けたときは大きな達成感を味わえました。また、施工管理や試運転をしていて設計時には分からなかった不具合等に気付くこともありましたが、その経験を次のプロジェクトで生かすことができるという非常に恵まれた環境だと思っています。

今までの仕事と仕事を通じて得られたものは?

食品・医薬品工場の建設プロジェクトに携わりましたが、原料から製品になるまで様々な処理工程があり、はじめは1つ1つの機器を理解するだけでも大変でした。各設備に対しての専門技術を理解していく中で、機械や電気などの要素技術はそれぞれに共通した重要な知識であることを実感しました。今後も新しい設備を扱うことも多いと思いますが、ただ知識量を増やしていくだけでなく自分で持っている知識をどのように応用するかを意識していきます。

仕事をする上での信条としていきたい事は?

チームワークを大切にしていきたいです。プラントエンジニアリングの仕事はチームで取り組むことが多く、様々な人と協力し合って一つの目標に向かっていかなければなりません。メンバーがお互いに協力、助け合いながらプロジェクトを遂行し、時には本音で激しい議論を交わして目標達成に向けて方向性を正していけるのが良いチームだと思います。できるだけ早く人間的にも技術的にも成長してチームに貢献したいです。

前のページ一覧へ