~ENGINEERING STYLE~ リレー式社員紹介

粉体事業部(機器販売センター)東野元春(2014年入社)
粉体事業部
(機器販売センター)
東野元春(2014年入社)

1. 簡単な自己紹介をお願いします。

2014年入社、粉体事業部機器販売センターの東野元春(ひがしの もとはる)です。趣味は読書、映画鑑賞、散歩など地味なものが多いのですが、ものづくりが小さなころから好きだったので、ベット、テーブル、イス等を製作し、DIYを趣味にしようと現在準備中です。

2. 大学時代にやっていた研究内容について

大学時代は化学工学を専攻し、大学院では分級機についての研究を行っていました。私はその中で、ルーバー式分級機(※1)の分級効率向上を目的として数値計算、実験を行い最適構造を検討しました。数値計算では使い勝手の良い粒子軌跡計算ソフトが無かったため、ゼロからプログラムを書きソフトを作成し、粒子と壁面が接触した際どう処理させるかに苦労しました。現在仕事でも分級機を取り扱っていますので、学生時代分級について学んでいたことは役に立っています。
※1)箱型装置内にルーバー(日よけ用のブラインドのようなもの)を設置した乾式空気分級機で、粉体と空気をルーバーを通過させ、急激に気流の向きを変化させることにより、微粉と粗粉に分級する装置です。

3. 職場の雰囲気は?

粉体事業部は年齢の近い方が多く、仕事のことはもちろん私生活のことも相談しやすい職場です。また、粉体機器のプロがたくさんいらっしゃるので、一緒に仕事をさせて頂くと多くのことを学べます。

4. 現在までの仕事内容と、入社当初に苦労したことがあれば教えてください。

機器販売センターに配属後すぐに、粉体加工機器の操作習得を目的として約1年間粉体加工を請け負っている同事業部の粉体加工センターで粉砕・分級加工作業に従事しました。その後は分級機、粉砕機、供給機の販売に携わり、営業、設計、製作管理、検査、納入、試運転を行っております。粉体加工センターで作成したものはそのままお客様の製品となりますので、製品の仕様、異物混入防止や納期を意識し作業を行いました。この経験が現在の機器販売センターでの仕事に非常に役立っています。

5. 将来どのような仕事をしたいか?またどのような自分を目指していきたいですか?

社会で必要とされている製品の製作に携わる仕事を行いたいです。また、お客様のご希望以上の提案ができ、信頼してもらえる技術者を目指していきたいです。

リレー式社員紹介 一覧へ