~ENGINEERING STYLE~ リレー式社員紹介

プラント第一部 中島千秋(2011年入社)
プラント第一部
中島千秋(2011年入社)

1.簡単な自己紹介をお願いします。

こんにちは。2011年度入社の中島千秋です。出不精&布団の中が好きなので、休日は家でゴロゴロしていることが多く、趣味は?と聞かれるといつも困っているのですが、そんな状況を打開すべく、最近は休日になると小旅行に行っています。そのせいか、最近預金額がほとんど増えないようになりました。

2.大学時代にやっていた研究内容について

大学では原子力発電システムの熱効率解析が研究テーマでした。稼動して年月の経ったプラントでは、各機器の経年化により設計当初よりも効率が低下する懸念があります。そこで、現状のモニタリングや、機器・構成を改善してどの程度効率向上が見込めるかを検討する為、既存プラントをモデルとして、各機器の熱収支からシステム全体の熱効率を計算できるシミュレータをPCソフト上で作成し、実運用への活用を目指しました。実際に電力会社の方とやり取りする場面があったので、仕事メールの文面や企業のセキュリティ対策等に触れることができ、社会勉強になったなと思います。

3.現在までの仕事内容を教えてください。

主に小麦粉の貯槽・搬送設備の点検やメンテナンスに関わる業務を行っています。小麦粉を大量に消費するお客様のところでは、製粉工場からローリー車で運搬してきた小麦粉を一時貯槽するサイロと呼ばれるタンクを設置していて、そこから直接ミキサー等の生産設備にボタンひとつで小麦粉を送れるようにしています。原料が直接入っている設備ですから、不具合が生じると製造の中断や製品への異物混入などに繋がる恐れがあるため、定期的に点検とメンテナンスが必要です。1つ1つの案件はプラント建設に比べるとボリュームも金額も大きくありませんが、とても重要な仕事だと感じています。
また、現在社内ではSPP(Safety Promotion Project)というプロジェクトを進めているのですが、私もプロジェクトメンバーの一人として、より安心で安全な設備構築を目指しています。会社の今後の方針に直接関わる重要な仕事を若いうちから経験できるのは、この会社に入って良かったと思うポイントです。

4.入社して最初の頃に苦労したことがあれば教えてください。

電話応対です。もちろん入社当初は自分宛にかかってくることは無いのですが、最初は相手先の社名も名前もほとんど聞き取れず、取り継ぎさえもままなりませんでした。何回聞き返しても名前を聞き取れずに、相手にため息をつかれたこともありました。今では良い思い出(?)ですが、当時は本当に電話を取るのが嫌でしたね(笑)。

5.学生の方へメッセージを。

大学での勉強が直接仕事に活かせる場面は少ないかと思いますが、まったく役に立たないわけではありません。ふとした時に過去の記憶に出くわす場面がありますので、ある程度しっかり勉強しておくことをおススメします。あとはやっぱり、どうしても長期休みを取るのは難しくなるので、コツコツお金をためて安い時期に海外旅行に行ったり、趣味に打ち込んだりと、時間を有効に使うことを意識するのが良いかもしれませんね!

リレー式社員紹介 一覧へ