~ENGINEERING STYLE~ リレー式社員紹介

プラント第2部 会田淳(2010年入社)
プラント第2部
会田淳(2010年入社)

1.簡単な自己紹介をお願いします。

2010年度入社、プラント第2部の会田淳です。最近は、入社してから自動二輪の免許を取得しましたので、暇を見つけてはツーリングに行っています。あと体を動かすこと、食べること、お酒が好きです。「休みの日は休まない事」をモットーに攻めています(笑)。

2.大学時代にやっていた研究内容について

私は物質工学を専攻し、無機知能物質科学研究室に所属していました。研究テーマはメカノケミカル法を利用して電池材料や触媒などの原料を合成することでした。メカノケミカル法とは粉砕機などの機械的エネルギーを利用して原料にエネルギーを蓄積させて化学変化を起こす方法です。粉は小さくなればなるほどその環境下によって不思議な反応を起こしますので自分で新しい反応を見つけた時は非常に嬉しかったのを覚えています。

3.現在までの仕事内容を教えてください。

プラント第2部に所属後は、プラント設備に関する提案、設計、調達業務をしておりました。その後は、食品工場の建設プロジェクトに携わり、長期での施工監理を経験しました。エンジニアリング業務とは、お客様の立場に立って工事をトータルサポートすることなので、仕事のボリュームは多く大変なことばかりでしたが、工事が完成した時にはお客様に喜んで頂き、非常に達成感がありました。責任が大きい仕事ですが、自分の思い描いたものが形になるのでやりがいを感じています。

4.入社して最初の頃に苦労したことがあれば教えてください。

人と会話をすることです。簡単なようで難しいと最近でもよく感じています。特に仕事を進めていく上でのコミュニケーションは特に難しいです。入社当時は何回も失敗しました。エンジニアリング業務は人との関わりが多い仕事ですので何をするにも正確に物事を伝達しなければなりません(どんな仕事も同じですが)。現在も意識していますが、相手が何を言っているのか、何を意図しているのか、自分が何を相手に伝えたいか、考えながら会話するよう心がけています。仕事は決して一人ではできませんので「共通理解」することは特に大事だと思います。

5.学生の方へメッセージを。

現在も感じていますが、何事にも興味を持つことが大事だと思います。勉強、遊び、何でもいいので様々なことに興味を持ちたくさん経験したほうが良いと思います。興味を持って経験したことは自分を成長させ、いつか自分の財産になると思います。

リレー式社員紹介 一覧へ