~ENGINEERING STYLE~ リレー式社員紹介

プラント第2部 許斐勝大(2009年入社)
プラント第2部
許斐勝大(2009年入社)

1.簡単な自己紹介をお願いします。

2009年に入社しました許斐勝大(このみまさひろ)です。意外と覚えやすい名前だと自負しています。趣味は、野球・ゴルフ・バイクに乗ることです。学生時代は、いつも愛車に乗って、野球の練習かフットサルの試合(にわかサッカーファン)に行っていました。現在バイクを持っていないので、そろそろバイクに乗りたくて、ウズウズしています。購入時期を見計らっています。

2.大学時代にやっていた研究内容について

大学院生時代、私は生物環境学を専攻し、食料環境システム学研究室に所属していました。研究は『有機系廃棄物を利用したバイオガス発生特性』で、簡単に内容を説明すると、捨てられてしまう有機物(悪臭を放つもの・・・)を微生物に分解させてバイオガスがより効率的に発生する条件(条件:微生物と有機物の割合・有機物の種類・温度管理etc)を模索していました。1ヵ月間、2時間毎に発生ガス量を確認するという切なくも楽しかった日々を思い出します。

3.現在までの仕事内容を教えてください。

入社後、プラント第2部に所属し、食品に関連するプラント設備の設計・施工管理を行っています。具体的には、お客様のニーズに応える(生産性・使いやすさetc)設備を検討し、提案します。この作業は、お客様の立場に立って、より良いものを提供できるように心がけることが重要だと思っています。実際に受注した後は、計画・設計したものを「形」にするために、さらに細かい設計を行い、工事を行います。工事現場では、現場監督として的確な作業指示と徹底した安全管理を行わなければならないので、非常に責任の大きい仕事です。どの工程をピックアップしても大変な仕事ですが、お客様から「また頼むよ」や「いい設備だね」といった言葉を頂けるように、日々精進しています。

4.入社して最初の頃に苦労したことがあれば教えてください。

相手に自分の意図を伝えること。相手の意図を理解すること。この2つで非常に苦労しました(しています)。最近は、相手に伝える方法として図を描くようにしています。私たちの仕事は、機械を相手にするだけでなく、お客様・協力会社といった多くの人が一つになって、より良いプラント設備をお客様に提供することであると考えているため、仕事を円滑に行う上で、人とのコミュニケーションが非常に重要なポイントであると感じています。

5.学生の方へメッセージを。

仕事を始めて改めて感じたことは、色々な考え方を持った人と共に、同じ目標に向かって努力することが大事であるということです。仲の良い友達はもちろん、自分とは考え方が違う人との出会いを大切にして下さい。また、社会人になると自由な時間が少なくなるので、今のうちに、趣味を見つけて没頭することも良いかもしれませんね。

リレー式社員紹介 一覧へ