~ENGINEERING STYLE~ 先輩社員 座談会

ENGINEERING STYLE

女性も第一線で活躍できる、互いのよさを活かせる現場に

――最近は女性の技術者も増えてきましたが、一緒に仕事をしてみてどうですか?
福田:
淡々と真面目にやっていますね。細かい仕事が丁寧です。でも、現場事務所で作業着に着替えるときなどは、さすがに気を使いますが…。
岡崎:
向いてるんでしょうね、女性は。もちろん個人個人違うでしょうが、言われたことをきっちりやって、その上にさらに気遣いがありますよね。
吉田:
女性は物腰がやわらかいので、お客様とのコミュニケーションの面でもすごくいいんじゃないかと思います。上司への報告もすごく丁寧だし。
岡崎:
うちの部署でも、はじめは若干の戸惑いがあったんですが、いざ一人、二人と女性が入ってみると、あまりに優秀なので、部長からも「お前らも女性を見習え!」と言われているくらい。

中湯:
男性側が思うほど、女性本人は気にしてないのかな?そもそも工学系だから、大学でもまわりが男性ばかりという環境には慣れているのかもしれないね。
吉田:
興味を持ってくれるのであれば、仕事には何の支障もないと思います。むしろ男よりできるといわれているくらいだし。
高橋:
やりがいはすごいよね。第一線でできるし。
吉田:
将来、彼女たちが経験を積んで何年か経ったころには、進め方とかやりかたも少しずつ違ってくるのかもしれないね。

技術力という核があるから、新たなチャレンジもできる

――日清エンジニアリングの未来について、課題や目指す方向性は?

河田:
売上げを増やして、会社を大きくすることももちろんですけど、当社はやはり“技術屋”なので「粉体では日清エンジニアリングが一番」とお客様に言ってもらえるような、技術で一番の会社を目指すべきだと思う。
岡崎:
ぶれちゃいけない“核”みたいなものは必要ですよね。いまどんどん事業拡大しているのも、単に売上げが増加しているだけじゃなく、リピートでずっと付き合ってくださるお客様がいて、一度付き合いのあったお客様は、なかなか離れないというのが一つあります。それに加えて、新しい業態のお客様にも積極的にアプローチしていることも大きいですね。当社には努力家、勉強家の人間が非常に多いので、初めての業態でもその業界の機械やプロセスを一丸となって勉強して身につけて、最終的にきちんと形にできる力がある!だからこそ、新しい分野にもチャレンジしていけるというのはありますね。
河田:
いまは、総菜などの食品工場の建設がすごく好調だけど、今後は食品以外にも力を入れなければいけないよね。
高橋:
プラント第二部の分野ですね。
川畑:
新しい材料や製品の開発に伴うプラント建設の引き合い案件が増えているので、新技術をどんどん取り入れていくことが課題ですね。部内はもちろん、共有できる情報は、部の垣根を越えて情報交換することも必要だと思います。
吉田:
機器販売は、海外の案件が増えてきています。食品以外の分野は国内から離れているお客様も出てきているので、そうしたチャンスを逃さないようにしていきたいですね。機械以外にも、受託加工でナノ粒子を製造しているのですが、大手のお客様からも興味を持ってもらっています。最近では、家電量販店などに並ぶ最先端の電子機器などの材料として使われたりと、事業としてますます大きくなることが期待されてますね。
岡崎:
ナノ粒子加工は当社の強みだよね。研究所でも日々新しい技術を模索しているし。電機系も、いま当社では引っ張りだこでしょ?
福田:
電機系では、トレーサビリティシステムの引き合いが増えてきています。トレーサビリティシステムなどは、情報技術に関する知識がないと全然分からないので、今後必要なのは情報技術系の知識だと思います。最近はプラントでも情報技術を利用した設備が求められることもあるので、そうした分野を外注業者に頼み切りにせず、社内でもやれるようにすれば技術的にもさらにレベルアップできるんじゃないかと思います。情報技術は、今後ますます発展していくので、プラントでも使えるシステムをどんどん考えていきたいですね。

河田:
専門性ももちろん大事だけど、当社はエンジニアリング会社として、旗振りもしなくてはいけない。自分で作るだけでなく、細かなことまで知ったうえで指示できるマネージメント力も大切だよね。
中湯:
当社は優秀な人材がすごく多いので、どんな仕事でもしっかりやり遂げられると思うんですよ。だからこそ、仕事をもっとどんどん取りに行くことが課題。そう思っていた矢先に営業部ができたので、社内でも、今後ますます新しい分野や事業に向けての期待が高まっていますね。

チャレンジ精神とやる気があれば、仕事の幅は無限大。未来に向かって走り続ける日清エンジニアリングの新たなステージを一緒に作ってみませんか?頼もしい先輩たちも、あなたのチャレンジを待っています。