マトコン・コンテナ(IBC)システム
〜バッチ製造プロセスのソリューション〜

マトコン・コンテナ(IBC)システム

「マトコン・コンテナ(IBC)システム」は、当社が2002年から英国マトコン社のエンジニアリング・パートナーとしてお客様へ導入させていただいている粉粒体用容器システムで、これまで、食品・医薬のみならず、化学、金属粉体や電子・電池材料粉体など、幅広い分野で採用されております。
当社は国内唯一の販売店としてサービスを一元化し、導入当初の調整だけでなく、定期的なメンテナンスや設備更新についても承っております。

『連続プロセス』から『バッチプロセス』への転換により、製造工程の効率化、フレキシブル性の向上を実現

『連続プロセス』から『バッチプロセス』への転換により、製造工程の効率化、フレキシブル性の向上を実現
マトコン・コンテナ(IBC)システムによる平行パッチ製造プロセス

マトコン・コンテナ(IBC)システムによる平行パッチ製造プロセス

マトコン・コンテナ(IBC)システムによるバッチ製造プロセスでは、連続系フローでは困難だったロット管理の厳密性や製品のトレーサビリティの確立、製造工程切り替え時のフレキシブル性の向上が可能となります。また、製造中の洗浄作業や、各プロセスの製造をそれぞれ並行して進められるため、各作業の待ち時間が減少し、製造の効率化を実現できます。
※IBC:Intermediate Bulk Container

様々な原料の入れ替えに便利なマトコン・コンテナ(IBC)

マトコン・コンテナ(IBC)は、外部からの流通容器としても利用できるため、原料メーカーとユーザー双方の包装資材やその廃棄物処理にかかるコストと環境負荷を低減させることができます。
搬送されてきたマトコン・コンテナ(IBC)は、排出ステーションにドッキングさせ、独自のコーンバルブ技術により粉粒体の安定的な排出を行います。排出が完了したマトコン・コンテナ(IBC)は、排出ステーションから取り外し、また新しいIBCを載せ換えられるため、排出ステーション1台で様々な品種の原料を取り扱うことができます。

様々な原料の入れ替えに便利なマトコン・コンテナ(IBC)
ステンレス製コンテナの特徴
  • (1)温水等で洗浄ができる粉粒体用容器
  • (2)フォークリフトやコンベアでの搬送が可能
  • (3)専用キャップにより密閉ができ、粉体の吸気・吸湿を防止
  • (4)排出ステーションとの利用で、発塵を防ぎ労働衛生環境が改善
  • (5)IBCの流通への適用で、原料メーカー、ユーザー双方の包装、人手作業、保管、廃棄物処理などのコストと環境負荷の低減を実現

マトコン独自の排出機構により、
粉粒体ハンドリングに特有の問題を解決

粉粒体ハンドリングで生じる問題点
  • ■原料粉体がタンク内で固まり、排出不能となる「ブリッジ現象」
  • ■粉体が液体のように流れ出して、排出コントロールが困難となる 「フラッシング現象」
  • ■タンク内の粉粒体が均一に排出されず、偏った成分や部分のみが排出される「偏析・分離現象」
マトコン独自の排出機構により、粉粒体ハンドリングに特有の問題を解決

これらのトラブルを解決するのが、マトコン独自のコーンバルブ技術です。
まず、コーンバルブ加振機構により、粉体に直接衝撃を与えてブリッジを防ぐことが可能です。また、独特のドッキング機構により、コーンバルブをしっかり保持することができるため、クイックな上昇・下降動作で排出量をコントロールすることがきます。さらに、排出口径が比較的大きく、シンプルな構造のため、マスフローでの排出が可能となっています。

このように、マトコン・コンテナ(IBC)システムは、排出能力に信頼性が確保できるソリューションとして、バッチ製造プロセスには欠かせないキーの1つとなっています。

これらのトラブルを解決するのが、マトコン独自のコーンバルブ技術です。

マトコン・コンテナ(IBC)システムの各種ラインナップにより、
豊富な実績

マトコン・コンテナ(IBC)システムでは、IBCや排出ステーション他に、タンクやサイロへ直接設置できる排出装置として『排出バルブ』、IBCを回転させて粉粒体を混合する『コンテナブレンダー』など、各種ラインナップを取り揃えています。

マトコン・コンテナ(IBC)システムの各種機器
マトコン・コンテナ(IBC)システムの各種機器
マトコン・コンテナ(IBC)システムの各種機器

メンテナンス専門チームは、お客様のマトコン機器の主治医です
機器や関連部品の整備、定期点検、修繕などはお任せください

マトコン機器の整備・点検・修繕などは、当社の専門スタッフとシステム導入当初からの長い実績を持つメンテナンス協力会社にて行います。当社の粉体事業部には専用の整備施設が整っておりますので、まるでマトコン機器専門の主治医のように、機器の状態を詳細に診断し、確実なメンテナンスを実施します。メンテナンス実施後には報告書を通じてお客様への修繕報告とご利用のアドバイスを行います。

当社の設備内だけでなく、お客様の製造現場でも点検は可能
マトコン・コンテナ(IBC)システムの出張点検サービス

特別な設備条件や、機器をメンテナンス専用設備へ発送できない場合は、当社の専門スタッフがお客様の製造現場へ伺い、機器の動作や状態を点検します。お客様の製造計画に影響を及ぼさないよう、詳細な打合せと事前準備を行うことでタイミング良く点検を実施し、機器や部品の状態について診断結果をご報告し、必要に応じて推奨する整備時期や予備部品のご購入時期のご案内を行います。

マトコン機器の出張点検サービスの様子

マトコン機器の出張点検サービスの様子

最速3日間でメンテナンスを完了し、お客様の元へ
4日後には整備された機器がご利用いただけます

事前に機器の状況や数量をご相談の上、対象機器をメンテナンス専用施設にお送りいただいた4日後には、整備点検済みの機器が生産設備でご利用可能です。専門スタッフが最短3日間で、機器の分解診断、部品の取替え、組み立て、動作確認の検査を行い、後日、報告書を発送いたします。

最速3日間でメンテナンスを完了し、お客様の元へ<br>4日後には整備された機器がご利用いただけます

万が一の緊急時には、お電話ください
当社から出荷可能な予備部品もございます

メンテナンスの際は、お客様に定期的にご準備いただいている予備部品を機器と一緒に当社のメンテナンス担当部署へ発送いただいておりますが、いくつかの部品は当社でもストックしております。万が一、緊急で部品が必要になった場合は、国内ストックから最短納期で納品しますので、ご一報ください。(※常時ストックしている部品の数量や型式には限りがありますので、海外から取り寄せになる場合もございます。)

マトコン社と技術情報、メンテナンススキルを共有
お客様の安心と快適な使い心地をご支援します

当社は、マトコン製品の日本販売店として英国マトコン社と常に最新の技術情報を共有しています。日々挙げられる様々な課題や改善案は常に共有化され、最終的にお客様へと還元されます。また、当社の専門スタッフが定期的に英国マトコン社へ訪問し、言葉だけでは十分に伝わらない微妙なノウハウやスキルを、五感をフルに使ったメンテナンスや調整のトレーニングにより習得しています。海外機器であっても、お客様に安心して“健康な状態”でお使いいただけるよう当社が全力でサポートさせていただきます。

英国マトコン社でのメンテナンスおよび機器検査のトレーニングの様子

英国マトコン社でのメンテナンスおよび機器検査のトレーニングの様子

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは
下記よりどうぞ。

お電話でのお問い合わせ

営業部

03-3660-3400

03-3660-3400

受付時間:9:00〜17:00

関連情報