用語解説

AIBフードセーフティ

「AIBフードセーフティ(GMP)指導・監査システム」とは

食品施設や食品関連施設において、製品製造および管理のための食品安全環境を整えるために、「AIB(米国製パン研究所)※」が確立したシステムで、施設内の不衛生な状態、管理されていない状態を探し出し、潜在的な食品への危害を取り除くことを目的としています。日本では、JIB(日本パン技術研究所)※がAIB活動を実施しています。
なお、本システムは、認証制度ではありません。

【概要】

主にGMP(適正製造規範)※について現場中心に点検します。
AIB食品安全統合基準に則って、文書化されたプログラムの確認を行う検査が進められます。
統合基準は5つのカテゴリー構成です。

1.作業方法と従業員規範

食品の取扱いや処理に関連した評価を行います。
→原材料の受入、保管、検査、取扱い、加工処理、および最終製品の配送について

2.食品安全のためのメンテナンス

設備、屋外および構造物に関連した評価を行います。
→衛生的、効果的および信頼性のある製造環境を維持するための製造設備、建築物、および屋外の設計保全や維持管理について

3.清掃活動

清掃や洗浄殺菌に関連した評価を行います。
→健全で安全な製造環境を確立するための、製造設備、器具、および建築物の清掃や洗浄殺菌について

4.IPM(総合的有害生物管理)

有害生物管理に関連した評価を行います。
→施設内の有害生物の繁殖を助長している原因を特定、防止、排除するための評価方法、モニタリング、および有害生物の活動の管理について

5.前提条件と食品安全プログラムの妥当性

施設のマネージメントやチームワークに関連した評価を行います。
→健全で安全な食品を提供するために、施設のすべての部署が効果的に機能することを確実にするための経営陣の支援、他部署からなるチーム、文書、教育、訓練、およびモニタリングのシステムについて

【総合評価】

5つのカテゴリーの合計点が総合評価となります。
監査の場合、総合スコアに応じて総合スコアに応じて達成認定証が発行されます。
Recognition of High Achievement ‐ Superior(最優秀基準達成認定証)
Recognition of Accomplishment(優秀基準達成認定証)

※AIB(米国製パン研究所):製パン・製粉技術者の育成のために設立された機関。1948年、FDAの食品安全に関する摘発に対し、AIB会員であった民間企業からの要請を受けてAIB内にフードセーフティ部を設け、工場内での食品安全衛生管理の構築、強化の支援を実施しています。

※GMP(適正製造規範):AIB統合基準はGMPを基礎にして作成され、HACCPの構築には必要不可欠なものです。従業員・設備および器具、除外事項・製造および工程管理、工場および敷地、倉庫および流通製品、衛生作業・原料受入基準、衛生施設と管理などについて策定されています。

※JIB(日本パン技術研究所):製パン技術者の育成のために設立された機関。AIBフードセーフティ(GMP)指導・監査システムの有効性を確認後、本システムを日本へ導入するために2001年JIB内にフードセーフティ部を設立。

[出典/社団法人日本パン技術研究所 フードセーフティ部 AIBフードセーフティ(GMP)指導・監査システム]

用語解説 一覧へ