製品&技術トピックス

安全・安心の現場~AIB食品安全衛生監査・指導(フードセーフティ)システムの活用

当社のお客様である大和産業株式会社様は、AIBの監査において最高評価である「Superior(優)」を5年連続で受けられています。
その秘訣や苦労話などが「日清経営技術センター NKC Radar Vol.44」(2006年5月発行)に掲載されましたので、これから取り組まれる方へのご参考として、ここにご紹介いたします。

AIBフードセーフティ(GMP)指導・監査システムについてはこちらへ

安全・安心の現場
~AIB食品安全衛生監査・指導(フードセーフティ)システムの活用

大和産業株式会社 川本英夫会長
大和産業株式会社
川本英夫会長

食の安全・安心に対する生活者の意識は従来に増して高くなってきているが、食品企業では高いレベルの安全衛生管理が求められている。2001年から日本パン技術研究所により日本に導入された「AIBフードセーフティシステム」は5年を経過し、パン業界を中心に食品産業全体に定着し、2005年度には対象事業所数は150ヶ所を超え幅広く活用されている。このシステムは食品工場における製品に危害を及ぼす可能性を全て除去することが第一の目的であり、徹底した清掃を基本として、いかに食品事故が起きないような衛生状態に管理するかを実際の現場で徹底的に実地指導される。
大手食品原料卸の大和産業株式会社では同社の精米工場ヤマトライスセンターが受審し、最高評価の「Superior」を4年連続で獲得した。

ヤマトライスセンターの取り組み

ヤマトライスセンターは中京地区トップの大型工場であり大手量販店とも手広く取引しており最大手の販売となっている。玉井ライスセンター長によれば、精米の過程で当然、「ヌカ」が出てくるが、AIB導入以前にはコンベヤー等に付着し、虫の発生の危険があったが、AIB導入後はとにかく徹底した清掃しかないということで、マスタークリーニングスケジュールや清掃基準書を作成し、従業員の教育訓練も進めながら計画的に清掃の徹底を実施した。付着を防止することは出来ないが、定期的に確実に除去し、虫発生のリスクは大幅に低減できた。

AIBの監査員は作業服を着込み、懐中電灯を用い目の届きにくい箇所や手の届きにくいところを這いつくばったり、設備の高いところに登ったりして監査を行うが、我々が全く想定しないような場所までチェックされるほど徹底した内容になっている。元々、我々のプラントはAIBの思想に則った設備にはなっていなかったため、設備の改造を進めた。例えば清掃しやすくする改善。床と壁の間はRをつける・機械内部を簡単に点検し清掃できるようにするため点検口を設置し、取り外しや分解が容易にできるようにした。高いところへは梯子が多かったが階段に変えた(梯子だと登るのが億劫になりきちんとした清掃がしにくくなる)等。
さらに塗装のはがれをなくすため不要な箇所は塗装しない、ガムテープ等による仮補修は期限を限定して適切な本補修を行うなど、異物混入防止のためのさまざまなノウハウも学んだ。

また毎月1回、内部監査委員会を実施している。これは各職場をお互いに外部の目線でチェックするものでカメラパトロールを中心にリスクの洗い出しを行ない、改善を進める場である。
このような毎日の積み重ねを行うことにより従業員の意識が徹底的に変わった。それまでは見た目綺麗の清掃に終わっていたが、隠れた部分まで徹底して清掃すること、問題が起きそうな箇所の事前チェックの徹底、問題が起こらないように改善する方向に進める事が出来た。クレームの発生も非常に少なくなってきており、発生した場合でも日常管理や仕組みがしっかりできているため的確でスピーディーな客先対応ができるようになっている。トヨタ生協の方(お米の工場を持っている)が見学された時には「理想の工場」とのコメントをもらったのは大変うれしいことであった。

同社の川本会長も「年を重ねるたびにその重要性を社員の一人ひとりが認識するようになり4年連続でSuperiorの評価を頂けた。経営から見てもAIBに取組んで良かった」とコメントされている。

  • コンベヤー/内部を清掃しやすく改造
    コンベヤー/内部を清掃しやすく改造
  • 精米機脚部/精米機下部の床面を清掃しやすいよう脚部を設置
    精米機脚部/精米機下部の床面を清掃しやすいよう脚部を設置
  • 設備を点検しやすいよう歩廊を設置
    設備を点検しやすいよう歩廊を設置

製品&技術トピックス 一覧へ