ニュースリリース

インラインシフター中型機種「QA30」販売開始

当社は、空気輸送ラインでの異物検出・除去装置であるインラインシフターQAシリーズに中型機種「QA30」を新たに加え、「FOOMA JAPAN 2015 国際食品工業展」(6月9日~12日)の開催に合わせて販売を開始します。

  • インラインシフター中型機種「QA30」
  • インラインシフター中型機種「QA30」

◆新たにインラインシフターの中型機種をラインアップ

インラインシフターとは、粉粒体の空気輸送ライン(圧送式または吸引式)に直接配置することで、製品に混入した異物を除去し、製品の品質保証を確かにする装置の名称です。
このたび、当社が従来から販売しているQAシリーズに、中型機種である「QA30」を新たに追加しました。「QA30」は、処理能力と設置面積のバランスがとれており、ふるい網の段数を変更することにより、目的に応じた能力を選定いただくこともできます。

◆衛生規格の認証(BISSC)取得

インラインシフターQAシリーズはAIB(米国製パン研究所)の下部組織であるBISSC(米国製パン業衛生標準委員会)が策定した衛生規格の認証を取得しており、食品製造の衛生管理の面で一定の評価を受けています。

インラインシフターQAシリーズについて詳しくはこちら

◆優れた分解点検性

「QA30」は、日常点検や清掃における「ふるい網の取り外し・組み付け」の労力を他の製品よりも軽減させています。また、組み付けミスのないふるい網構造への改善や 防護扉の軽量化など、構造や細部寸法にも見直しを加え、作業性の向上を図りました。

※「QA30」は6月9日(火)~12日(金)に東京ビッグサイトで開催される「FOOMA JAPAN 2015 国際食品工業展」の当社ブースで展示・紹介します。

ニュースリリース 一覧へ