ニュースリリース

第3回 P&Pコンファレンス(Powder Technology & Project Engineering Conference)開催のご案内
~『サイロ技術・原料ハンドリング技術』~

第3回 P&Pコンファレンスは終了しました。
ご来場くださいました皆様には厚く御礼申し上げます。

マルチプラネットパックの主な機能
大型サイロ

今年で3回目となりますP&P(Powder Technology & Project Engineering)コンファレンスの開催をご案内いたします。
今回は『サイロ技術・原料ハンドリング技術』をテーマとして、コンピューターシミュレーションを用いたサイロ設計のご紹介、シンプルで省エネ性に優れたビューラー社製メカニカルアンローダーのご紹介、ふすまや大豆粕、DDGSなど難排出性原料に適したレイディグ社製サイロ排出機のご紹介に加えまして、アメリカ穀物協会様による講演を企画いたしました。

経営者・幹部の皆様におかれましては、ご多忙中の折とは存じますが、是非ご出席賜りたくご案内申し上げます。
ご参加は事前申込制です。参加をご希望の方は本ページ下のお申し込みフォームからご登録いただきますようお願い申し上げます。

◆開催日時
2013年11月28日(木) 10:30~19:15(受付開始10:00より)
◆会場
ホテル・オークラ東京 別館12F“ケンジントンテラス”
東京都港区虎ノ門2-10-4 電話(代表)03-3582-0111
◆定員
25名(事前申込制)
◆参加費
無料
◆プログラム
10:30~10:45
1)開会の挨拶
日清エンジニアリング株式会社 取締役社長 山田幸良
10:45~11:45
2)講演:『FEMを用いたサイロデザイン』
日清エンジニアリング株式会社 プラント第一部 市村浩一/大重絢香
日清エンジニアリングのサイロ設計手法と品質保証システムをご紹介します。
・数式(修正震度法)によるマクロ設計をFEM(コンピュータを用いた有限要素法によるシミュレーション)を用い確認する設計手法とFEMを用いたミクロ(細部)設計による最適化
・設計に基づく検査項目の抽出と検査手法の選択による品質保証システム
11:45~12:45
~ 昼食 ~
12:45~14:05
3)製品紹介:『メカニカルアンローダー“ポータリンク”のご紹介』
ビューラーAG エリアセールスマネージャー フェリックス・フッター
・充実した開発・設計陣に支えられた進化するポータリンクとして、ハイブリッドタイプ,免震機構などを紹介します。
4)技術講演:『ポータリンクの実測に基づく省エネ性能と作業性、設備の安全性について』
株式会社日清製粉グループ本社 生産技術研究所 粉体研究室 室長 高橋清
14:15~15:35
5)製品紹介:『サイロ排出機“リクレーマ”のご紹介』
レイディグ・システムINC 副社長 マイク・シュースター
・輸入大豆粕より難排出とされるホット大豆粕やDDGSの排出機として多くの実績を持つリクレーマを紹介します。
6)技術講演:『国内サイロにおける実証試験』
日清エンジニアリング株式会社 プラント第一部 宮田哲男
・主原料サイロを改造したフルスケールのサイロを用いて行った大豆粕の長期静置~排出の実証試験について紹介します。
15:35~15:50
~ 休憩 ~
15:50~16:50
7)講演:『穀物需要の動向について』
アメリカ穀物協会 日本代表農学博士 浜本哲郎
・穀物のトレンド予想、日本を取り巻く環境、今後のUSの戦略
16:50~17:00
8)閉会の挨拶
日清エンジニアリング株式会社 常務取締役 エンジニアリング本部長 前田孝善
17:15~19:15
9)懇親会(ホテル・オークラ東京 バンケットルーム“メイフェア”にて)
司会:日清エンジニアリング株式会社 営業部部長 古川敏弘

お申込はこちら(営業部)

ニュースリリース 一覧へ