ニュースリリース

2006.06.14 インダクション加熱(IH)と過熱水蒸気を併用したロータリー型加熱・焙煎・殺菌装置 ~作業環境の大幅な改善と安定した熱処理を実現~ 「ハイブリッドキルン」の新紹介

当社は、高砂工業株式会社(社長:渡辺博 本社:岐阜県土岐市)と伊藤工機株式会社(社長:伊藤台蔵 本社:三重県四日市市)と共同で、食品工業分野における粉粒体・穀類等の加熱・焙煎・殺菌にインダクション加熱(IH)と内熱に過熱水蒸気を併用した、加熱・焙煎・殺菌装置「ハイブリッドキルン」を開発しました。
2006年7月からの受託試験と装置販売を開始します。

ハイブリッドキルン

IH方式は、従来のガス加熱方式と比較して、熱処理温度の制御が正確かつ容易にでき、ガス排熱による作業環境の悪化が格段に改善され、発火事故の可能性もほとんどありません。また、過熱水蒸気の原料内部への熱浸透性・無酸素雰囲気下での加熱等の特性をいかして、より均質な製品はもちろんのこと、新たな付加価値をもった製品が期待できます。

当社では、食品業界に対して、プラント建設から機器制作販売、受託加工サービスまで、幅広いソリューションを展開しております。このたび、より多様な食品加工のニーズに応えるべく、高砂工業のキルン製造技術と伊藤工機のIH応用機器開発技術とのコラボレーションにより開発した次第です。

ニュースリリース 一覧へ